人気ブログランキング |

日本に米軍基地は必要?

あかひげパパです。

11月30日、「(女性を)犯す前にこれから犯すというか」「基地のない安全はありえない」と、とんでもない発言をした、防衛相の沖縄防衛局長が更迭(こうてつ)されました。


沖縄不適切発言:田中局長を更迭 防衛相「県民におわび」(毎日新聞11月30日付)


沖縄の怒りをからすれば、当然です。

今回の発言は、住宅地の中にあり、学校や保育園に隣接して「世界一危険」といわれる米軍普天間基地を、同じ沖縄県内の名護市辺野古に移そうという計画を進める中で起こりました。

一昨年、政権交代を果たした民主党の鳩山首相が「最低でも県外・できれば国外へ」という約束を破ったことで一気に不満が噴出。

去年4月25日に開かれた沖縄県民大会には、党派を超えて9万人が集結。
沖縄県議会は、全会一致で「県内移設反対」や、移設の前提となる「環境アセスを提出するな」と決議。

「もう基地はいらない」という沖縄の意思は、ゆるぎないものになっています。

e0242114_8535452.jpg
                                    (琉球新報2010年4月26日付)


私たちが「子どもを守ろう」と思ったとき、米軍基地は必要なのでしょうか。

前回の記事で、米軍の性犯罪が突出し、日本人の22倍にもなると紹介しました。

性犯罪以外にも、米軍によって、子どもの命が奪われた事件はたくさんあります。

1959年、小学校に米軍機が墜落し、死者17名(児童11名)負傷者210名(児童156名)を出した「宮森小学校ジェット機墜落事件」

1965年、米軍機から落下傘で降下されたトレーラーに、少女が自宅の庭で押しつぶされて亡くなった「隆子ちゃん事件」

…わが子に置き換えると、本当に心が痛みます。


日本政府は、「日本防衛のため」といいます。しかし、当のアメリカの政府は…

「沖縄海兵隊には日本防衛の任務は与えてない」(ワインバーガー元国務長官)
「(海兵隊は)沖縄を拠点にして戦力を世界に投射する部隊なんだ」(チェイニー元副大統領)

と、あけすけに語ります。

実際、去年までは、普天間のヘリコプター部隊は1年の半分はアフガン・イラクで作戦に従事していました。

周りの国から見たとき、「なぐりこみ」専門の軍隊を置いている国と、安心できるパートナーになれるでしょうか。


日本を守る任務を持たない米軍。
日本の子どもや女性を傷つける米軍。
私たち日本の税金を、毎年5000億円以上浪費し続ける米軍。
周りの国との緊張をたかめ、戦争の火種になりかねない米軍。


…やっぱり、本国へ帰ってもらったほうがいいんじゃないでしょうか 。
by machida_kosodate | 2011-11-30 08:48 | 子育て環境(平和) | Comments(0)