たなかです。
3月27日、保育料値上げ中止を求める請願が採決される本会議の傍聴に行ってきました。

前回の文教社会常任委員会は担当の議員さんのみでの採決でしたが、本会議では全員で採決します。

先日の文教委員会で議長をしていた議員さんが、請願の内容やその質疑を報告したのですが、請願の陳述内容は、まとめられることなくほぼそのままで読み上げられました。
固い雰囲気の議場に、「おむつ代」「子どものおやつ」などのリアルな言葉が届いたことが嬉しかったです。

先日の委員会の結果に対しては、署名を書いてくれた方の思いに応えられなかった、と悔しくて申し訳ない気持ちになりました。
でも、今回こうして実際の声を議会に届けられたことは、まずは大事なことだったなぁ、色々な声を私たちに伝えてもらったことが本当にありがたいことだったなぁと思いました。

続いて、請願に賛成・条例改正に反対の立場での議員さんの討論があり4つの問題点が話されました。

1、値上げする分、市の負担を減らすだけなので、認証へ補助が増えるわけでもなく、負担を感じる世帯がただ増えるだけ。
2、値上げの開始が消費税増税の時期と重なる。
3、市民に実施したアンケートで7割が値上げ容認というのを根拠にしているが、選択肢が「値下げする」「値上げする(具体的な値上げ額の選択肢)」「その他」しかなく、「現状のまま」という回答ができない設問だった。
4、検討委員会に保育料の値段の資料は出たが、値上げ率などについては資料が出されておらず不十分。

この討論を聞いて、ますます、なぜこんな状況で値上げができるんだろうと怒りがこみ上げてきました。

本会議の採決では、請願に賛成12人(民主党・社民・ネットと共産)、反対21人で残念ながら不採択となってしまいました。
本会議の様子はネットで見られますので、ぜひ見てみて下さい。→町田市議会HP
※文教社会常任委員会で30分を超えたあたりから。途中休憩が入ったので二つの動画にまたがってます。

保育料の条例の改正は賛成21人、反対12人で可決になってしましましたが、実際に値上げが行われるのは来年の4月なので、今後も署名などを集めて値上げストップの行動をしていきたいと思います。

今回の署名は最終的に730筆になりました!
ご協力本当にありがとうございました。
[PR]
by machida_kosodate | 2013-03-28 06:25 | 子育て環境(保育園) | Comments(0)

いちです。

この時期のメインイベント。今年もやりますよー。
しかーし、今年は桜前線が早いようで、完全に新緑の季節となりそうですが。

「ママパパの桜はないけど…花より団子のお花見会」

e0242114_9205417.jpg


日時●4月21日(日)11時~
場所●芹ヶ谷公園
参加費●500円(飲む人は1000円)で一品持ち寄りです

子育てトークに花を咲かせながら、子どもたちも楽しく遊べる企画。プレママ・プレパパも大歓迎( ̄▽ ̄)

ゆっくり花見(といっても花はないですけど…)しながら、交流しましょー。

去年はこんな感じでした
[PR]
by machida_kosodate | 2013-03-18 09:26 | イベント | Comments(0)

2013年3月15日(金)町田市議会文教社会常任委員会にて、《保育料値上げ中止の請願》の意見陳述をしてきました。

この日までに11箇所の認可保育園、子育てひろばなどで頂いた署名は702筆!
切実で真剣なパパママの声をぜひ届けたい!!
その思いで精一杯訴えさせて頂きました。

結果としては請願は不採択され、保育料値上げ条例は可決されてしまいました。
とても残念です。
けれども、理解を示してくださった方もいらっしゃいました。
声を上げることの意味を感じ、上げ続けることの大切さを感じました。

以下、意見陳述の全文です。

 今回、認可保育所の保育料の値上げが検討されていると聞き、色々と調べ、知るうちにその内容にまず、とても驚きました。
 議案には低所得世帯へ配慮した保育料の増額とあります。しかし、実際にはその配慮とは額面的な見かけだけのものであり、その増額率はひとり親世帯で現在の保育料と比べ、最大207%、所得税月額3千円未満の世帯で166%。それに対し、最も所得の多い区分の世帯で109%です。これが本当に低所得世帯に配慮したものといえるでしょうか。
 日々必死に働き、努力で家計をやりくりし、子供を育てている世帯にとって数千円は決して安い金額ではありません。それでも子供を預けなければ働けない。働けなければ生活が成り立たない。「大切な子供を預ってあげるのだから値上げは仕方ない」そう言われれば従うしかないのです。
 現実的な話を挙げると、育児をしていて一ヶ月にかかるおむつ代は約3千円。今回検討されている値上げ金額とほぼ同じです。保育料が値上げされれば、それだけ家計を節約しなくてはならないのです。実際におむつも節約のため交換をためらってしまうかもかも・・・という声もありました。でも本当は汚れたらすぐに替えてあげたい!それは当然の親心で、けして贅沢なことではないはずです。また、家計節約のため食費を抑えようと考えれば、それは子供の成長に直結する問題です。
 経済的な不安は心の余裕を奪い、愛しい子供を愛しいと思う心を奪うことにもなりかねません。
 保育料等に関するアンケートの結果では、所得の低い世帯に保育料が負担であると答えた率が高くなっています。そんな世帯に特に負担を強いる今回の値上げ案は受け入れがたいものです。

 また、値上げの理由の一つとして、町田市は川崎市や横浜市に比べて保育料が安いことが上がっています。それは公平性の観点からはある面で正しいのかもしれません。しかし、今町田市で生活をしている親子の姿が置き去りにされていると感じます。隣と比べてどうだというよりも、現在の暮らしがどうなのか、今後どうなっていくのかをもっと感じていただきたい。
 実際にこの2週間ほどで、複数の認可保育所の前やその他子育ての場で、保育料値上げ反対に約600筆の署名(※最終的には702筆)と、沢山の声が集まりました。その中には、川崎では保育料が高く負担が大きいので町田に移り住んできたという方もいました。
 子育てしやすい市であることは、子育て世代を増やし、未来を担う子供が増えることにつながる。そしてそれが町田市そのものの発展につながるのではないでしょうか。

 さらに、認可保育所と認可外保育所の保育料の格差も理由の一つとされています。実際に認可外保育所に預けている親の立場としては、認可保育所の保育料が安いことはうらやましいと思います。しかし、だからといって認可保育所の保育料が上がり格差が是正されることが良いとは考えません。実際には認可外保育所に預けている世帯の負担は何も変わらないのです。ただ負担感を感じる世帯が増えるだけです。これが格差の解決といえるのでしょうか。

《町田市保育料等のあり方検討委員会》の報告書は、町田市の子供一人ひとりの健やかな成長につながり、次世代を担う子どもたちの支援の一助となることを切に望む。と結ばれています。しかし、ここまで述べさせて頂いたとおり今回の値上げがその役割を果たすとは考えにくいものだと感じます。

 以上を踏まえて、認可保育所の保育料の値上げの中止を請願します

[PR]
by machida_kosodate | 2013-03-18 00:13 | 子育て環境(保育園) | Comments(0)

開会中の3月議会で、町田市が狙う保育料値上げ(実施は来年4月~)。

池川市議による市議会での質疑などで判明した事実のポイントは…

①値上げ率は、最大207%!!(所得税非課税のひとり親家庭)
②保護者負担増は、1億6500万円!!
③値上げされれば、多摩26市の中で最高額に!!
④来年、消費税増税と保育料値上げのダブルパンチが子育て世帯を襲う影響が「懸念される」(市の答弁)


3月11日、市内10カ所の保育園前などで集めた「認可保育所の保育料値上げ中止を求める署名」(実物は下)を市議会に提出。全会派に要請。なんと、「知らない」という議員さんも多数(>_<)!!

実質2週間で集まった署名は563人分!!

「シングルでも生活保護に陥らないように必死で働いているのに、保育料が倍なんて!!」
「今でも子どもにおやつを食べさせてあげられない。激戦区の1歳児に入れて喜んでいたのに…」

「0歳児は良く熱を出すから、仕事を休んで収入が減る。さらに保育料値上げは困る…」
「夫が病気で私が家計を支えている。わざわざ保育料が安い町田市に引っ越してきたのに…」
                                など、切実な声がたくさん寄せられました(>_<)。

こうした声を直接届けるために…
「まちだ子育てネットワーク」のママたちが、市議会で陳述!!

3月15日(金)10時~
町田市議会文教社会常任委員会にて


ぜひ、一緒に傍聴に行きましょう!!

署名用紙、チラシはこちら(2月27日、当ブログ)

e0242114_12332558.jpg
3月10日に開いた、保育料値上げ中止ミニ交流会
[PR]
by machida_kosodate | 2013-03-12 12:39 | 子育て環境(保育園) | Comments(0)