ちらかし上手

こんにちは。
たなかです。
最近は暑かったり寒かったりですね。
なかなか鼻風邪が治らない母子です。


ここのところ、家でのまゆの遊びは、ちらかすことです。
マガジンラックからチラシを取り出し、古紙の入った紙袋から紙を取り出し、かごからおむつをばらまき、などなど…ものが散乱した部屋を見て夫は「竜巻が通ったのかと思った」とつぶやいていたほど。


そんなちらかし上手のまゆに用意したのがこちら。


e0242114_003591.jpg

魅惑のティッシュペーパーのかわりに柔らかいハンカチが数枚つめてあります。
しゅっぱっ、しゅっぱっとひっぱりだしてます。

e0242114_011367.jpg

ダイソーで買ったプラスチックのチェーンを2本つなげて入れてあります。
じゃらじゃら出して遊びます。


隣にいて、まゆが出したそばから入れてあげないといけないのですが、繰り返し遊んでくれる時もあります。
適当自作のおもちゃがハマると妙にうれしい今日この頃です。
[PR]
by machida_kosodate | 2012-05-26 09:11 | つぶやき | Comments(0)

こんにちは。たなかです。
娘のまゆはつかまり立ちができるようになりました。
ずりばいで高速移動も。
お風呂のときなど、後ろからついてきてくれるのでかわいいです。

先月、ことばらんどの俵万智展オープニングイベントの「ももんちゃんとあそうぼう」に行ってきました。
e0242114_0355228.jpg

ももんちゃんシリーズの作者のとよたかずひこさんが、紙芝居や絵本の読み聞かせ、絵本作りの裏話をしてくれました。
特に、大型紙芝居が楽しく、紙芝居ならではの演出が面白かったです。
さすが作家さん、読み聞かせのテンポが良いんです。
まゆに読んであげたら楽しそうだなぁと思う本ばかりでした。


イベント後に、『サラダ記念日』から25年 愛しき人への三十一文字 俵万智展も見てきました。
俵万智さんも子育て中ということで、すごーく共感できる歌がたくさんありました。

心に残ったのは、子育ては「慣れ」の連続で、初めてできたことの感動は日々慣れていってしまう、だから歌に表現したい、という俵万智さんの文章でした。

初めての寝返り、初めてのおすわり、初めての笑顔、その時の感動って、とっておきたくてもとっておけなくてもどかしいし、いつのまにかそれが「当たり前」のことになってしまう寂しさや日々の忙しさ。

でも、俵万智さんはそれをなんとか言葉で残しておこうとしていて、本当に素敵だなと思いました。
震災後の歌もあり、本当に柔らかな感性で敏感に日々の思いを言葉にしているんだなあと思いました。


7月8日まで開催中で、入場も無料なのでぜひ!おすすめです。
施設は町田市民フォーラムの近くです。
詳しくはこちら→http://www.enjoytokyo.jp/museum/event/600170/
[PR]
by machida_kosodate | 2012-05-11 00:38 | つぶやき | Comments(0)

松村です。

4月28日に行った「第2回パパ飲み」

事前にブログに載せることができず、報告も遅くなりましたが…楽しくやりました(*^_^*)!!

直前の呼びかけにも関わらず、忙しい仕事の合間を縫って、7人のパパが参加してくれました。

初参加のパパも交えて、自己紹介。多種多様な職種で、それだけでもおもしろい。
同じ立場の男性同士で気軽に話せる場は、貴重ですよね(^o^)。


今回は、テーマを定めたわけでもないのに、原発問題などの“ガッツリ話題”が中心になりました。

「原発なくても、電気は大丈夫?」
「大飯原発は、政府の“安全基準”にも到達しない、危険な原発」
「自然エネルギーって、実際どうなの?」
「原発ゼロにしたときは、原発で働いている人とか、原発の地元自治体とかはどうする?」
「そもそも、もうけと子どもの命を天秤にかけるっておかしくない?」
「大手の電機メーカーに勤めているけど、現場は節電で大変」
「政府やマスコミの情報が信用できない。どうやって情報を集めたら?」

…などなど、かなり熱く、深い議論に。


さすが「パパ飲み」。

私自身もそうですが、子どもが生まれると社会の出来事が、以前よりもリアルに感じますよね。
特に、原発や放射能は、子どもの未来に直結する問題。

意見の違いを気にせずに、みんなで気軽に議論できるっていうのがとてもうれしいです。


「今度は、もっと子どもの話もしたいね~」と、みんな上機嫌にお開き。
結構お酒が進みましたね~。みなさん、二日酔いは大丈夫でしたか?

いい気分で、写真をとるのも忘れていました(+o+)。

ぜひまたやりましょう!!
[PR]
by machida_kosodate | 2012-05-09 20:47 | イベント | Comments(0)