松村です。

24日午後は、12月にしんぶん赤旗の座談会でご一緒させていただいた福島市のお母さんのお誘いで、国会で行われた「ふくしま怒りの総行動part2~安心して住み続けられる福島を2.24署名提出・国会行動~に参加させてもらいました。

c0241028_019966.jpg
  福島を朝6時出発で、100人を超える方が議員会館に詰めかけていらっしゃいました。


c0241028_0205388.jpg
 お母さんたちを先頭に集めた 「福島の子ども医療費無料化」などを含む署名は、12万筆以上!!

c0241028_0235210.jpg
民主党の太田議員(秘書)、日本共産党の、穀田・紙・宮本・高橋の各議員が参加して署名を受け取り、紹介議員に。


「保育園は、園庭の除染は終わっても、砂場にはブルーシート、遊具は未だにさわれない状況」
「幼児の体重増加が例年より顕著に鈍いなど、発育・健康に影響がみられる」
「外に連れて出ようにも、ドアの前は3μsv/時。こんな環境での子育ては子どもに申し訳ない」
「子どもの医療費無料化は、本当に最低限の要求です」

私も1歳児の父親です。お母さんたちの訴えに、悔し涙をこらえることができませんでした。
c0241028_0291672.jpg



しかし、復興庁・文科省・厚労省・財務省・内閣府…居並ぶ官僚のみなさんの冷たいこと。
切実なものにしぼった要求にも、すべて「できません」「すでに足りている」などと突っぱねる姿勢。

とくに、子ども医療費無料化を担当する復興庁の方は「国の医療制度の根幹にかかわる問題」として要望に背をむけながら、「ご意見は承りました」というだけで、「複数の省庁にまたがる問題で、一存では…」と、「健康調査」も、「無料化再検討」も、「検討結果の返答」さえも渋りました。


これには、「復興庁は、省庁を超えた被災者の窓口ではないのか」健康調査もしないで医療費無料をしないと結論だけを出すとは何事か」などの怒りの声が飛びました。

しまいには、「そんなに強く言われても困ります」と開き直り、「じゃあ、答えればいいんですね」と、すねた子どものような態度に。(最後は声に押されて、再検討と返答を約束)。

私も、あまりの怒りで頭がクラクラしました。
c0241028_0453645.jpg




子どもに原発事故の責任はありません。事故の結果を子どもに押し付け、責任を取ろうともしない。
「国民の命、子どもの未来よりも、大企業の利益を上に置く」…こんな政治で良いのでしょうか。


福島のお母さんたちと、「がんばりましょう」と、ガッチリ握手を交わさせてもらいました。
c0241028_0474518.jpg

[PR]
by machida_kosodate | 2012-02-27 11:45 | 子育て環境(原発・放射能) | Comments(2)

たなかです。

先日、ベビーマッサージをつるっこで教えてもらいました。
ベビーマッサージやるんだって、と教えてくれたママ友さんに大感謝!

参加は10組までなので、申し込みの日には電話がなかなかつながらず…。
受け付けてもらえほっとしました。

キャンセル待ちで参加できた、というママさんもいたくらい。
みんな関心があるんだなあと思いました。

当日は、受付でオイル代200円を払って、みんなで自己紹介をして…資格をもっている方が、
全身のマッサージを教えてくれました。

寝返りしちゃったら、無理にあおむけにせずに背中をマッサージしてあげてね~、
そこでママがイライラしちゃったらせっかくのリラックスタイムにならないよ~、という注意に
ふむふむと納得。

足からおなか、腕、背中と娘も気持よさそうにしてました。
なにより、やっているこちらが赤ちゃんのもちもち肌に癒されるという…。

市の施設でこういう企画をやってくれるのは、ほんとありがたい!
[PR]
by machida_kosodate | 2012-02-23 10:02 | Comments(0)

メグです。

イベントの告知をします。

直前ですみません<(_ _)>

第4回「ママカフェ」


場所:カフェ&ギャラリー 結
                  住所:東京都町田市鶴川4-29-40
日時:2月23日(木)12時30~
アクセス:鶴川駅から「鶴川団地」行きバス
      →「国士舘大学前」下車、徒歩3分
費用:自分の飲食代



子どものこと、自分のこと、最近思ってること、愚痴や悩みもなんでかんでも。


おいしいランチとデザートで、のんびりおしゃべりしませんか?


これまでママたちから出された

●子ども服の交換会がしたい

●離乳食クッキング

などの声も具体化できればな~と思います☆


e0242114_1849437.jpg

[PR]
by machida_kosodate | 2012-02-19 15:23 | お知らせ | Comments(0)

保育園の"合格発表"

ハルです(・∀・)ノ

12月に申し込みをした保育園
入れるかどうかの通知が昨日届きました。

結果は「不承諾」(TДT)

ちょっと覚悟してたけど、実際もらうと思った以上にショックでした。

仕事と育児、両立できるかしら とか
できればもうちょっとわが子と一緒にいたいな とか
不安や葛藤がありつつも、この保育園ならと申し込んでいるのに…(T_T)

そして時期もねぇ、
春からの生活をイメージして、がんばろうかなって気持ちになりつつあるところへ

「不承諾」

ってくるとすごく不安になりますね。
イメージしていた未来が白紙になるというか。


保育園を申し込んだお友だちは、半分くらいが不承諾。
みんな「なんで?」と思いつつも、次の行動に移っています。
うちもどうするか考えなければ。

しかし、そもそも保育園が少なすぎ!
希望する人がみんな入れるようにしてほしいよ(TДT)
[PR]
by machida_kosodate | 2012-02-19 01:29 | つぶやき | Comments(0)

松村です。イベント告知です。

さようなら原発ベビーカーパレード
                          ※ベビーカーじゃなくても大歓迎

日時:2012年3月11日(日)12時半集合
場所:原町田わかば公園
(小田急町田駅東口より徒歩3分)

※数百人規模をめざして取り組まれる「さようなら原発・町田のつどい&パレード」に合流します
※他の子育て団体(子どもと未来をつなぐ会さん)なども参加予定。


震災で亡くなられたかたの「鎮魂」
被災地の「復興支援」
そして、「原発ゼロ」の3本柱で行うイベント&パレードです。


原発事故から1年。

「どうやって、放射能から子どもを守ろうか」と不安な思いをしている人も多いと思います。
福島県では除染が進まず、高い放射線の中で子どもが生活しています。

政府は、福島のママたちが求める「子どもの医療費無料化」にも背を向け、
15万人もの原発避難者がいるのを尻目に、原発の再稼働と輸出を狙っています。

いま、私たち親が、子どもの命・健康・未来を守るために力を合わせる時ではないでしょうか。

e0242114_0134677.jpg
                           (原発さようなら@所沢」に参加したママさん)


「原発ゼロへ」
「放射能から子どもを守ろう」


宗教とか、政党などの枠を超えて、みんなで一緒にアピールしましょう(^_^)/。


事前に、ミニ学習とグッヅ作りもやります。
日程・詳細は改めて~

e0242114_23225462.png
(10月の集会で作ったプラスター・今度5万枚作られる、「さようなら原発町田の会」のチラシに載ります)
[PR]
by machida_kosodate | 2012-02-16 00:22 | お知らせ | Comments(0)


ハルです(・∀・)ノ

パパ飲み、すごく楽しそうでしたね~。
いつかママ飲みをやりたいぞー!

さて、今日はバレンタイン。みなさんいかがお過ごしでしたか?

私たちは、ママカフェで愛情こめてラブクッキング(*≧∀≦*)
トリュフとメッセージクッキーを作りました♪

e0242114_23205321.jpg

まずは計量から~気になって集まってくるお子さまたち(笑)

e0242114_23262359.jpg

パパへのメッセージをスタンプ。逆さになるからちょっとむずかしい…

e0242114_23323447.jpg

待ち疲れてきたお子さまたち(^_^;)

e0242114_23365750.jpg

チョコをまるめて…

e0242114_23373426.jpg

クッキーに飾りつけ♪

e0242114_23394199.jpg

いい感じにできましたよー(*´∇`*)

子守りしながらのクッキングはなかなか大変だったけど(;´д`)
お茶を飲みつつ、おしゃべりしつつのクッキング、楽しかったです!

e0242114_23433680.jpg

↑パパ(手前)と息子(奥)に愛をこめて(*≧3≦*)
[PR]
by machida_kosodate | 2012-02-14 23:50 | イベント | Comments(0)

松村です。

2月11日の
初めてのパパ飲み

8人のパパさんが参加してくれ、とても楽しく盛り上がりました。


ママたちの間では、「監視カメラをつけたいね」などとささやかれていたらしいですが…

「ママのスパイは禁止((笑)」という、唯一のルールに基づき、怪しい記憶をたどって報告します(汗)。


①自己紹介&子どもの近況交流

「離乳食を始めたけれど、食べてくれなくて大変」
「卒乳したら、食欲モリモリ」
「寝返り・ハイハイをはじめた」
「週末は遅くなっても、寝かすのはパパの仕事」

など、みなさん仕事が忙しいのに子どもたちの状況に詳しく、なかなかのイクメンっぷり。


「布おむつ交換の極意は…」
「夜の“ママだけタイム”で、どう戦力になるか」
「“いつできるようになったか”よりも、段階を踏んだ発達が大事」
「抱っこからそっと置こうとしても気づく“センサー”の性能はすごい」


「月齢が近くても、全然違っておもしろいね」と盛り上がりながら、いろんな話に発展しました。


「夜寝かせるようになって、たまにはママに楽をさせてあげたい」なんていう、“パパの鏡”も。


②夫婦のなれそめエピソード

仕事仲間、コンパ、サークル…。みなさん、様々な出合い、付き合いを経ているんですね。
詳細は…秘密(笑)。


③実家との関係

「今でも、義父さんにあうと条件反射で正座」というパパもいれば…
「勝手に冷蔵庫からビールをとって、『義父さん、飲もうよ!』という関係」というパパも。


④その他いろいろ


「飲みすぎるな」「何時にかえるのか」など、ママたちからの”釘メール”が殺到し始めたこともあり、、
「絶対、またやりましょう!!」と確認してお開き。


いやあ、面白かった。(ちと飲みすぎましたかね…)
e0242114_10119.jpg



感想(Sさん)
めちゃ楽しかった!!パパ目線の育児の話って、あまり聞かないだけに、面白かった。
パパ同士だから共感できる部分もあって、「俺だけじゃない」ってホッとすることも。
本当に有意義な時間でした。

感想(Yさん)
久々に、学生気分で楽しめました。ぜひともまた!!

感想(Tさん)
いや~、いろいろ勉強になりました!次の日、早速マッサージをしました。
(当日は時間的にむりでした)
またやりましょう!

感想(Eさん)
職場の仲間と飲みに行くと仕事の愚痴なんかが多くなりがちで‥
でも、同じくらいの子どもを持つパパ同士だと会話も色々出来て、とても楽しかったです!
色んな人が集まっているので、何か大きなことができる気がしますよね。
また集まって、ママには秘密の会話を楽しみたいですね(笑)

感想(Kさん)
とてもリフレッシュできました。少し愚痴っぽくなってる自分にも気づけたし、良い酒が飲めました。
次回は是非、リス園に行きましょう!!パパのみ(笑)でもいいですよ!(←秘密の内輪ネタ)


やっぱり、子育て仲間がいるって、いいですね。またやりましょう(^。^)ノ

e0242114_1052650.jpg

[PR]
by machida_kosodate | 2012-02-13 03:51 | イベント | Comments(0)

あかひげパパです。

「子どもの就活には、“親力”が必要」などと言われてしまう、今の日本。
若者の2人に1人が正社員になれない現状の中、「子どもが小さいうちから名門私立に」という人もいるのでは。


2月3日、子育てネットのパパでもある池川市議の視察にくっついて、若者の就労支援を行う「あだち若者サポートステーション」(サポステ)に行ってきました。


「サポステ」は、進路未決定者、ニート、フリーター、引きこもりなどの状態にある人を総合的に支援し、レベルアップを通じて就労に導く拠点です。費用は、国の雇用対策の予算を活用し、足立区が大きく補てんしています。


印象的だったことを紹介すると…。


①コンセプトは、長い目で見て「貧困の連鎖は生まない」

足立区は、東京都内でも生活保護率が高く、区の予算の約2割を占めるほど。
全国的にも貧困が広がり、多くの自治体が「いかに生保を切るか」という対応に走るなか、足立区は「貧困の連鎖を生まない」として、支援に力を入れています。

担当者は、「税金をもらう人になるのか、働いて税金を収められる人になるのか。長い目で見ると、コスト面からも合理的」と強調します。


②若者目線の、充実した支援内容

・若者のアクセスを考え、駅から近く、11時~19時の間で明るい雰囲気のオフィスで対応します。
・専門家(キャリアカウンセラー週5日、臨床心理士週2日)が相談にのり、スタッフが「伴走者」として支える。
・「仕事道場」…すぐに正式に働けない人も、気軽に仕事を体験。訓練で若干の報酬を得られることで、「自分も働けた」「報酬をもらえた」という成功体験を積める。
・「アル活セミナー」…アルバイトの面接の基本、履歴書の作り方を習う
・「高校学びなおし」…中卒者や高校中退者の学びなおしを支援
・「いいことし隊」…ボランティア活動

など、きめ細かい支援を、実態を踏まえて柔軟に発展させていました。


②姿勢や連携がすばらしい

行政にありがちな「縦割り」ではなく、区の担当部局、ハローワーク、サポステが一つの建物に同居し、毎月交流。民生委員や青少年委員など地域のサポーターとも連携します。
サポステは月2回のケース会議で、スタッフ誰でも同じ情報を持って対応できる体制を整えています。
区の担当者さんは、中学校、高校を繰り返し訪問し、実態をつかんで信頼と連携を広げています。


③生き生きと取り組む区の担当者

対応していただいた部長と課長が、「自分たちは最強コンビ」と胸を張り、「だれもやってこなかった原野を開拓する仕事だから、楽しくて仕方がない」と、生き生きと語っていたのが印象的でした。

こういう仕事こそ自治体の仕事だし、自治体職員のやりがい・誇りなんだろうと感じました。



若者に「自己責任」を押し付けてお説教をするだけでは、事態はよくなりません。
もし子どもが就労困難な状況になったとき、「あなたの育て方が悪い」とだけ言われても困ります。


ぜひ、町田でも充実したサポステを作ってほしいですね。

e0242114_1261825.jpg

e0242114_1255538.jpg

[PR]
by machida_kosodate | 2012-02-10 01:10 | 子育て環境(働き方) | Comments(0)

 いちです。

 『父親になる、父親をする 家族心理学の視点から』(岩波ブックレット 2010 柏木惠子)という本を読みました。

e0242114_23221985.jpg


 本の帯には、「『イクメン』をブームで終わらせないために男性による育児の意義を考える父親・母親のための基本書」とあります。以前、柏木さんの著書『子どもが育つ条件──家族心理学から考える』を読んでいたこともあり、興味を持って手に取りました。

 なぜ、男性に育児が必要なのかを「そもそも論」から考える導入の書として、非常におもしろい切り口から書かれているのが印象的です。目次から内容を紹介すると、第1章の父親になること、父親をすることでは、「1 人間だからこそ必要な子育て」「2 子育てを可能にする人間の『心』」「3 養育するのは親だけではない」「4 『進化の産物』としての父親」「5 父親と母親は違うのか?」と話が展開されていきます。

 笑いながら読んでしまったのは、「おとなを惹きつける赤ちゃんの『戦略』」。自力では何もできない赤ちゃんが絶対必要な他者を自分に引き寄せ、自分のために動いてくれるように行動する──息子とのことを考えながら読むと、たくさん思い当たることがあります。

◆社会的なものとしてとらえなおし、ルールある経済社会に

 研究によると、赤ちゃんの状態や要求を敏感に察知して、それに応じた対応をしてくれる人に対して愛着をもつとされています。それは、母親に限らずです。

 それは、赤ちゃんによって自分の要求や状況を敏感に察知してくれる応答的な人が必要であり、一人の人だけを頼りにしていては危険だということがあります。そのために、複数の人の力を活用し、それらに守られ、支えられて成長していく──赤ちゃんが社会的ネットワークをつくる能力を持っているとしています。こうしたネットワークは、「護送船団(コンボイ)」として、赤ちゃんを周囲で見守り、必要になれば援助の手を差し伸べる「重要な他者」群であると指摘をしています。

 しかし、日本の父親はこの「コンボイ」に入れられていないというのです。もちろん、すべての父親がというわけではありませんが、「圏外」であるとしています。このおおもとには、歴史的な「家族」の問題なども検討されなければならないと思いますが、ここで私が指摘をしたいのは働き方の問題です。

 子育て中のお父さんたちと話す機会がありますが、その働き方は朝5時台に出勤し、帰宅は夜11時すぎというケースも少なくなく、これでは子どもとかかわる時間をとることすらできないことが明らかです。日本の長時間過密労働の実態を抜きにして、父親の育児参加を考えることはできないといいたいと思います。

 私とかかわりのあるお父さんたちは、積極的に子育てに参加をしたいと願ってやまない方々です。しかし、主体的な努力だけでは難しい問題が目の前にあるのが現実です。夜勤が多い方などはその典型です。統計では、父親の育児参加が多い国ほど、合計特殊出生率が高いとなっています。

 「親をする」ことで自分も育つということが書かれていますが、これは私の実感でもあります。同時に「親になる、親をする」ことを、社会的なこととしてとらえなおし、あまりにもルールのない日本の現状を変え、ヨーロッパ諸国などで当たり前になっているルールある経済社会につくりかえていくことが必要です。
[PR]
by machida_kosodate | 2012-02-09 23:23 | つぶやき | Comments(0)

メグです。

日程的にバレバレなんですが・・・(笑) 今回はクッキング企画です。


第3回「ママカフェ」

                         ~Valentine♡cooking~

日時:2月13日(月) 13:00~

場所:メグ宅(町田市山崎町)

内容:おしゃべりしながら、のんびりクッキング

持ち物:エプロン、できたものを持ち帰る容器

費用:500円前後




※参加希望の方は場所等の詳細をお伝えしますので、
  redbeard-0625@p05.itscom.netまでご連絡ください。



報告がかなり遅くなりましたがm(__)m

年末のママカフェは、鶴川団地集会所の和室でミニクリスマス会をしました~(*^。^*)

参加してくれたのは6組のママ&ベビー。


注文していたお芋とリンゴのケーキ、ホットドリンク(紅茶とタンポポコーヒー)、

焼きイモ、チョコ、手作りクッキーetc

なんだか豪華なパーティーになりました♪♪

元保育士ママもいて、手遊びやわらべ歌の持ちネタ交流も大盛り上がり☆

とても楽しい時間が過ごせました(^_^)/~
[PR]
by machida_kosodate | 2012-02-02 23:54 | お知らせ | Comments(0)