日本に米軍基地は必要?

あかひげパパです。

11月30日、「(女性を)犯す前にこれから犯すというか」「基地のない安全はありえない」と、とんでもない発言をした、防衛相の沖縄防衛局長が更迭(こうてつ)されました。


沖縄不適切発言:田中局長を更迭 防衛相「県民におわび」(毎日新聞11月30日付)


沖縄の怒りをからすれば、当然です。

今回の発言は、住宅地の中にあり、学校や保育園に隣接して「世界一危険」といわれる米軍普天間基地を、同じ沖縄県内の名護市辺野古に移そうという計画を進める中で起こりました。

一昨年、政権交代を果たした民主党の鳩山首相が「最低でも県外・できれば国外へ」という約束を破ったことで一気に不満が噴出。

去年4月25日に開かれた沖縄県民大会には、党派を超えて9万人が集結。
沖縄県議会は、全会一致で「県内移設反対」や、移設の前提となる「環境アセスを提出するな」と決議。

「もう基地はいらない」という沖縄の意思は、ゆるぎないものになっています。

e0242114_8535452.jpg
                                    (琉球新報2010年4月26日付)


私たちが「子どもを守ろう」と思ったとき、米軍基地は必要なのでしょうか。

前回の記事で、米軍の性犯罪が突出し、日本人の22倍にもなると紹介しました。

性犯罪以外にも、米軍によって、子どもの命が奪われた事件はたくさんあります。

1959年、小学校に米軍機が墜落し、死者17名(児童11名)負傷者210名(児童156名)を出した「宮森小学校ジェット機墜落事件」

1965年、米軍機から落下傘で降下されたトレーラーに、少女が自宅の庭で押しつぶされて亡くなった「隆子ちゃん事件」

…わが子に置き換えると、本当に心が痛みます。


日本政府は、「日本防衛のため」といいます。しかし、当のアメリカの政府は…

「沖縄海兵隊には日本防衛の任務は与えてない」(ワインバーガー元国務長官)
「(海兵隊は)沖縄を拠点にして戦力を世界に投射する部隊なんだ」(チェイニー元副大統領)

と、あけすけに語ります。

実際、去年までは、普天間のヘリコプター部隊は1年の半分はアフガン・イラクで作戦に従事していました。

周りの国から見たとき、「なぐりこみ」専門の軍隊を置いている国と、安心できるパートナーになれるでしょうか。


日本を守る任務を持たない米軍。
日本の子どもや女性を傷つける米軍。
私たち日本の税金を、毎年5000億円以上浪費し続ける米軍。
周りの国との緊張をたかめ、戦争の火種になりかねない米軍。


…やっぱり、本国へ帰ってもらったほうがいいんじゃないでしょうか 。
[PR]
by machida_kosodate | 2011-11-30 08:48 | 子育て環境(平和) | Comments(0)

松村です。
子どもと未来をつなぐ会・町田のママさんからのお誘いがあったので、以下、掲載します。


~医師団による健康相談&懇談会へのお誘い~
子どもと未来をつなぐ会主催
全日本民医連被ばく問題対策部医師団による健康相談&懇談会

 首都圏においても、低線量被ばくや内部被ばくの可能性が考えられる気になる症状を訴える子どもたち、おとなたちが増えてきております。
そこで私たちは、10月20日から健康調査行い、現在100件以上の症状が寄せられました。
 日本では低線量被ばくや内部被ばくの研究がほとんどすすんでおらず、その中で、これから私たちは、これらの症状をどう考えどう向き合ってゆくべきなのか、全日本民医連被ばく問題対策部医師団と共に考え合いたいと思います。
 どうぞ、ご参加ください。

日時:12月4日(日)13時~14時30分
場所:真光寺市営住宅集会所(東京都町田市真光寺2-18-1)
「鶴川駅」から「真光寺公園」行きバス15分「真光寺会館入口」下車3分
駐車場あり(台数に限りあり)
主催:子どもと未来をつなぐ会/全日本民医連被ばく問題対策部
問合せ:「子どもと未来をつなぐ会」健康調査担当/有馬理恵
メール/
ri0915@gmail.com

*全日本民医連とは
http://www.min-iren.gr.jp/
肥田舜太郎医師(広島原爆被ばく医師94歳)が会長を努めていた全国組織の医療団体。
被ばく問題に関しても「すべての可能性を排除せず、医療活動に取り組む」方針を示している。
*子どもと未来をつなぐ会とは
http://ameblo.jp/kodomotomirai/
3・11後、子どもたちを放射能から守るため立ち上がった母たちの会です。
[PR]
by machida_kosodate | 2011-11-29 22:21 | お知らせ | Comments(0)

あかひげパパです。

今回は嫌なニュースです。

普天間移設:沖縄防衛局長が不適切発言 厳しく処分へ(毎日新聞 2011年11月29日)

沖縄防衛局の田中聡局長が、報道機関との懇談で、とんでもない発言をしました。

米軍普天間飛行場の移設先のアセスメント評価書の提出時期について、防衛大臣が明言していないことを、「犯す前に犯しますよと言いますか」と例えたとのこと。

当然、沖縄県民の怒りをかい、さすがに政府も「更迭」を検討しています。


この人は、人の痛みを感じないのでしょうか。


沖縄に米軍がいることで、これまでたくさんの女性と子どもが性被害を受けてきました。

1955年、6歳の少女が強姦(ごうかん)され、殺されて、海岸に捨てられた「由美子ちゃん事件」
1995年、12歳の少女が集団強姦され、85,000人が抗議集会に集まった「沖縄少女暴行事件」

をはじめ、事例は山のようにあります。


下の表は、近年の米軍の性犯罪のリスト。特に沖縄が目立ちます。

e0242114_21163782.jpg



これは氷山の一角。泣き寝入りを強いられた人は、多分もっとたくさんいるでしょう。

人殺しの訓練を受け、イラクやアフガンで実際に市民を手にかけてきた米軍。
性犯罪の割合は異常に高いのが現実です。

e0242114_21203491.jpg



国の政策によって米軍基地を押し付けられ、被害にあってきた沖縄。

よりによって、米軍普天間基地を県内でたらいまわしにするための準備に関して、「犯す」という言葉をつかうその神経。


娘をもつ一人の父親として、絶対にゆるせません。怒り心頭です。

こういう人は、今すぐにやめてもらわないといけません。

そして、アメリカ軍は、アメリカに帰ってもらわないといけません。
[PR]
by machida_kosodate | 2011-11-29 21:00 | 子育て環境(平和) | Comments(0)

メグです。
イベントの告知をします。
「ママカフェ」


場所:カフェ&ギャラリー 結
                  住所:東京都町田市鶴川4-29-40
日時:12月7日(水)11時~
アクセス:鶴川駅から「鶴川団地」行きバス
      →「国士舘大学前」下車、徒歩3分
費用:自分の飲食代



子どものこと、自分のこと、最近思ってること、愚痴や悩みもなんでかんでも。

おいしいスイーツお茶でのんびりおしゃべりしませんか?

(パパも大歓迎)

e0242114_1849437.jpg

[PR]
by machida_kosodate | 2011-11-29 18:44 | お知らせ | Comments(0)

離乳食講習会

こんにちは。ハルです(●^o^●)

今日は、市の離乳食講習会(初期)へ行ってきました!

この前のBBQに来ていたメンバーや、母親学級のお友だち、保育園のおしゃべり会で仲良くなった方など、けっこう知り合いがたくさんいましたー♪

離乳食の進め方を聞いて、実際どんな感じか試食して、ちょっとイメージができたかなぁ。
すりりんごとにんじんを混ぜたやつ、おいしかった…(-▽-)

うちのコハルは、よだれはかなりのたれっぷりになってきてますが、(離乳食始めたらよだれがでなくなったという話を聞きました!(゜o゜)) 年明けくらいから始めるつもりで、今年は心の準備と離乳食グッズの準備をしようと思います!
[PR]
by machida_kosodate | 2011-11-28 23:32 | つぶやき | Comments(0)

イベント告知です。

e0242114_2231788.jpg


学習会「安心して食べさせたい」&ママ・パパ新年会



講師:八田純人さん(農民連食品分析センター所長)
日時:2012年1月22日(日)10時半~
場所:森野3丁目自治会館
 ※会場は和室、駐車スペースあり
            町田市森野3丁目4-20    
            「町田バスセンター」からバス→「第4小学校前」で下車。徒歩3分。       
新年会会費:1人500円(お酒を飲む人1000円)
                                      
豚汁、ご飯、飲み物は用意します。
家族ごとに、簡単な「一品料理」(おかず・おつまみ・デザートなど、5~6人分)を持ち寄りましょう。
飲み物の差し入れも大歓迎!


「給食から放射線を検出!?」
「内部被ばくが心配…」
「TPP加入で、アメリカから農薬や大腸菌がついた食物が輸入される?」



子育てしてると、食の安全に関する心配がたくさん…(+o+)。

質問タイムを長めにとるので、みんなで聞きたいことを聞いちゃいましょう。


そして…

新年会は、みんなでワイワイ子育てトークをして(可能な方はお酒を飲んで)、ストレス発散!!

初めての方、妊婦さん、パパさんの参加も大歓迎ですよ!!

子連れでも、そうでなくても、気軽にご参加ください。


【問い合わせ/事務局・松村】
090-9676-8400
redbeard-0625@p05.itscom.net
[PR]
by machida_kosodate | 2011-11-26 18:12 | お知らせ | Comments(0)

松村です。

20日、厚生労働省が放射性セシウムの乳幼児基準を新しく定める方針を決めました。

http://www.asahi.com/national/update/1119/TKY201111190578.html
「asahi.com」より


このブログでも紹介があったように、現行の日本の基準値は、あまりに甘すぎます。

食べ物の放射性セシウムの基準は、チェルノブイリ原発に隣接するベラルーシの子どもの基準よりも13倍も甘い。

現状の基準では子どもの健康を守ることができません。
劇甘基準をクリアしても全然安心できないため、「風評被害」も逆に拡大してしまう。

基準の改定を求める声は、非常に強くなっていました。


国の対応はとても遅く、詳細もまだ明らかになっていませんが、やっと改善にむけて動き出すということでしょうか。

ここでも、政府が国民の声を無視できなくなっていることの反映がありますね。
[PR]
by machida_kosodate | 2011-11-26 04:17 | 子育て環境(原発・放射能) | Comments(0)

松村です。

11月23日、町田中央公民館で行われた
青年大集会のアフター企画「働くこと・生きること」
に参加してきました。

講師は、「3年B組金八先生」の実在モデルにもなった三上満さん

e0242114_1102157.jpg


三上さんは、「『現在』は、『過去』と『未来』がせめぎ合うところ」と話を始めました。

戦前、小林多喜二の小説『蟹工船』にでてくる、ひどい労働環境は、今でいう派遣労働の下で行われた。

苦い経験をもとに、戦後にできた労働基準法では
「何人も、法律に基いて許される場合の外、業として他人の就業に介入して利益を得てはならない。」

と、人貸し業(人材派遣)を禁止。

しかし、もうけのために突っ走る資本主義のしくみの下で、わざわざ政治に「労働者派遣法」という例外を作らせ、いまではどの業種どでも派遣OKに。

本来「過去のもの」であるはずの「ハケン」が、大企業のもうけのためによみがえった。

人の苦しみに思いをはせず、「過去」に縛られて自分のことだけを考えて生きるのか
「未来」を展望して、みんなでいい社会にすることを自覚して生きるのか


人間らしさを発揮して、幸せに生きるためには、
「挑むこと」…政治をかえ、人間らしくはたらくルールを作ることに挑戦する
「手をつなぐこと」…そのために、まわりの人と手をつないで、一緒に学び、行動すること
が大切なのではないでしょうか。

と問題提起をされました。


リアルに紹介された、深刻な労働実態に心を痛めるとともに、「人間らしく働き、人間らしく生きる」ということを深く考える機会になりました。


私たちが子育てをするにも、親が人間らしく働ける環境は不可欠。
先日のBBQに来てくれたお父さんたちの中にも、「朝5時半に出勤して夜11時過ぎに帰宅」という人が複数(+o+)!!

子どもや家族を大切にしたくてもできない働き方を強いるこの社会。
みんなで手をつないで、一歩ずつ変えていきたいですね。

e0242114_10595293.jpg


三上満さんのプロフィール

東大教育学部卒
文京区と葛飾区の中学校教師時代に「3年B組金八先生」のメインモデルに
先生たちの労働組合の全国版「全教」の委員長
さらに幅広い労働組合の全国版「全労連」の議長
東葛看護専門学校の校長先生             などを歴任
1999年には、「革新都政をつくる会」から都知事選挙に立候補。石原氏と対決した。
    
『人間の明日と向き合う』(かもがわ出版)
『野の教育者・宮沢賢治』(新日本出版社)
『看護大好き・人間大好き』(かもがわ出版)

など、著書多数。
[PR]
by machida_kosodate | 2011-11-25 10:37 | イベント | Comments(0)

松村です。

今回は、ちょっとうれしい情報です。
町田市の放射能対策が、やっと一歩前進しました!!

11月24日の石坂市長の会見。
資料で「町田市における今後の放射線対策について」が発表されました。


発表に先立つサンプル調査は…

測定施設:小学校4校(町田第六小、忠生小、鶴川第一小、図師小)
      中学校1校(南成瀬中)
      保育園3園(森野、金森、こうさぎ)

                             合計8施設73箇所

測定場所: 校庭・園庭(中央および四隅)、砂場、花壇、放射性物質が集まりやすいとされる場所
測定方法:地上50cmと5cmの空間放射線量

で行われた。


このはかり方、当たり前のようだけど、実はかなり大事な変化がありますね。


少し前までは「都が測定するから必要はない」と、市独自の測定そのものに背を向けてきた町田市。

独自に放射線測定器を購入することさえも拒んできた町田市。

市民の声に押されて、最近やっと、「市立小中学校・保育園で測定」を始めたものの…
測定場所は「校庭・園庭の真ん中だけ」(←新手の安全神話ですか!)だった町田市。


今回は、「8施設73か所」、しかも「放射性物質が集まりやすいとされる場所」。

…だいぶ綿密になりました。


今回のサンプル調査でも…

忠生小の屋上排水溝付近で毎時0.91マイクロシーベルト!!
      体育館裏の側溝で、毎時0.61マイクロシーベルト!!

ちなみに、忠生小の「校庭の真ん中」は、毎時0.05マイクロシーベルトでした。

ホットスポットよりも小さい、「マイクロスポット」は、町田にも確実に存在することが、改めて明らかに。



今後は…
①全ての市立小中学校・保育園で同様に測定する。
②毎時0.23マイクロシーベルト以上の地点は「清掃」する。
                    ※「1日8時間外にいると考えて、年間1ミリシーベルト」という国の基準
③私立保育園・幼稚園にも測定器を貸し出す。
④市民には、情報を提供する。


とのこと。



先日、町田の保健所に電話をかけたら、「『放射線測定を』『除染を』という電話は、私だけで一日3~4件はお受けします」ですって。

…やっぱり、市民が声を上げていくことで、行政を動かすことができるんですね。


まだ、たった一歩です。
でも、子どもの命・健康・未来をを守るうえで、とても大事な一歩です。

これからも、力を合わせていきましょう。
[PR]
by machida_kosodate | 2011-11-25 01:51 | 子育て環境(原発・放射能) | Comments(1)

松村です。

町田で、子どもを放射能から守る活動をされている「こどもと未来をつなぐ会・町田」の方々からの情報です。


私たち「まちだ子育てネットワーク」も、微力ながら協力させていただいている
町田市の放射能汚染が疑われる災害廃棄物の受け入れ見直しを求める署名」。

11月24日、なんと4929筆を、町田市に届けられたそうです!!


対応鷲北副市長は、町田市として都が進める瓦礫処理に関して、「今の段階では白紙」と説明。「住民の説明会をやるまでは進めない」と話したそうです。


それに先立ってかち佳代子都議を仲立ちに、22日に行われた東京都環境局との面談。

対応した今井課長は…

11月21日
東京都が宮城県女川を視察
11月24日
「宮城・東京都・環境整備公社の3者で、受け入れ協定を結ぶことになった」と記者会見
その後、26市と23区に東京都から受け入れ要請

という流れで、災害廃棄物が東京都に持ち込まれる予定であること。
そして、11日の記者会見までは”しばり”がかかっていて、資料は渡せないと答えたとのことです。


なんたる隠ぺい体質!!

コソコソとやるから余計に心配になるんだと思います。
もし本当に安全ならば、しっかり調べたうえで、堂々と情報を公開すればいいのに。


「子どもと未来をつなぐ会」のお母さんたちも、
「被災地のためになにもしないというわけじゃない。綿密に調べて、安全性をしっかり確保してほしい」
「放射能を拡散することになってはいけない」
と強調していました。

署名の第二次締め切りは、12月14日です。

みなさま、ご協力をお願いします。

町田市の放射能汚染が疑われる災害廃棄物の受け入れ見直しを求める署名」。
[PR]
by machida_kosodate | 2011-11-25 01:09 | 子育て環境(原発・放射能) | Comments(1)