いちです。

10月23日の全国青年大集会。子育て分科会の報告をしていきます。

おっきなテーマは「放射能から子どもを守ろう」

この子育て分科会は、2人のBIGゲストがお話をしてくれました。
一人は、食品の分析の超エキスパートである農民連食品分析センターの八田所長。もう一人は、東京中の放射線測定を実施してきた日本共産党都議団の大山議員。

子育て中のママパパが数十人集まり、なかなかの盛況ぶりでした。

八田さんは、農民連でおこなっている食品の放射性物質について、詳細なデータをもとにわかりやすくお話をしてくださいました。また、シンチレーションサベイメーター(日立アロカTCS-172B。60万円くらいする高精度の機械)を持参してくださり、明治公園内の放射線量や被災地から収集してきた土を測定して参加者を驚かせていました。

やはり、側溝や水のたまりやすい場所などはほかの場所と比べて高いようです。

食品の分析は、なかなか興味深い。この間、キノコの汚染が広く報告されていますが、原木しいたけの原木は福島産が非常に多いということです。だからこそ、食品に「これは何ベクレルです」と表示することが必要だと話していました。

最悪なのは見て見ぬふりをしてしまうこと。事実に基づいて、行動をすることが自分と子どもの健康を守ることにつながることは間違いないと思います。そのためにも、あらゆるものを公開させていくことが必要だと思います。

大山さんは、都内各地で放射線測定をおこなった結果も踏まえて報告をしてくれました。

参加者からは、「ヨーグルトや野菜ジュースなどの加工品は大丈夫なのか」「被災地のガレキを受け入れてもいいのか」「測定を拡大してほしい」などたくさんの質問と意見が。

そのほかにも、「子ども・子育て新システムは保育を壊してしまう」「保育所をたくさんつくってほしいから増産とかけて『ぞうさんの会』をつくり勉強会をしている」など、保育問題についても発言がありました。

e0242114_1525648.jpg
[PR]
by machida_kosodate | 2011-10-30 09:01 | イベント | Comments(0)

松村です。

まちだde子育てアンケート第2弾

10月26日、8人のメンバー(0歳が3人)で、鶴川中央公園など鶴川団地周辺の2つの公園でお母さんたちの声を聞きました。

アンケートに協力してくれた8人のお母さんたち、ありがとうございました(^^ゞ。


忠生公園に続き、全員が「放射能が心配」にチェック。

「子どもが遊ぶ砂場、草場、水場などを測ってほしい。下の子を連れて待つ、幼稚園バスの停留所も心配」
「町田市が被災地のガレキ受け入れを検討しているみたいだけど、放射能は大丈夫?なんで市民に知らせないの?」

増税は困る。復興増税に消費税もあがったら、習い事をさせてあげられなくなる」

などの声が出されました。


同時に「放射能は心配だけど、話しにくい」という声も。


そうですよね。みんな同じなんじゃないでしょうか(+_+)。

原発をはじめ、社会や政治に関わることは難しいし、「悩んでるのは自分だけ」って思いがち。
「ホントは気になるけれど、言い出しにくい」ってこと、たくさんありますよね(´д`)


「まちだ子育てネットワーク」は、「タブーなく話せる場」でありたいと思っています。

まだ始めたばかりでも、お母さんたちが「放射能が心配」と答えてくれて、「みんな同じなんだ」と思えてうれしくなります。


「今後も原発でもうけよう」という人たちは、お金、権力、TVや新聞などの情報網を持っています。

「放射能から子どもたちを守りたい」っていう私たちがバラバラだと、それに対抗できません。


みんなで学び、おしゃべりしながら、力を合わせていきたいですね。

e0242114_17232861.jpg

[PR]
by machida_kosodate | 2011-10-29 17:14 | イベント | Comments(0)

松村です。

イベント告知です。


e0242114_2311343.jpg


講師:村山祐一さん(帝京大学教授)
    池川友一さん(町田市議会議員)
日時:2011年12月17日(土)午前10時開会
場所:町田市民フォーラム第2学習室
参加費:500円 ※学生無料 


子育て中のママ・パパ、保育士や教師、保育士の卵の学生さん…みんな大歓迎です!



”待機児”にならないか不安

子どもの成長を支える保育をしたい

「子育て新システム」って、なに?どうかわるの?


子育てに関わる様々な立場の人たちが、子育てや保育について考え、学びあう企画です。



講師村山祐一さんのプロフィール

1942年生まれ
帝京大学文学部教育学科教授
日本保育学会理事、保育研究所所長
著書に『たのしい保育園に入りたい』(2011年)
    『保育の理論と実践講座―第一巻 保育とはなにか』(2009年)
                             ※ともに新日本出版社


※この企画は、「まちだ子育てネットワーク」が主催し、「第6回市民自治学校」の一環として取り組む企画です。
[PR]
by machida_kosodate | 2011-10-25 20:25 | お知らせ | Comments(0)

忠生公園で放射線を測定

松村です。

10月24日新日本婦人の会の方々による忠生公園の放射能測定に同行させてもらいました。


公園内の11カ所で、赤ちゃんの目線(地上20㎝)で、“空間放射線量”を測定。

1カ所で5回はかり、平均を取りました。

e0242114_19503940.jpg

↑砂場中央で測っています。


気になる結果は…

e0242114_1952812.jpg



手書き&デジカメですみません(‥;)。

今回測ったところでは、「ホットスポット」といえるほど高いところはなく、各所の平均値の最高で0.120マイクロシーベルト(砂場・落ち葉の山)。

忠生公園全体の平均放射線量は、0.112マイクロシーベルトでした。


…って言われても、私たち親の関心は「結局その数字は、子どもにとってどうなの?」ってことでしょう。


放射線は、「これ以下なら安心」という数値はなく、「低ければ低いほどいい」というのが大原則。


一応、考える規準を…。

8月に文科省が出した「子どもの年間被爆量目標」は、“全被曝量”で年間1ミリシーベルト、“空間線量”で毎時1マイクロシーベルト以下に抑えること。

4月に「年間20ミリシーベルト」と言って批判され(←当たり前でしょ!)、規準を厳しくしたようです。

国際放射線防護委員会(ICRP)も、通常時で“年間1ミリシーベルト”が基準だとしています。



これと照らし合わせると、今回測ったところの放射線量は「マシ」ということになります。


…ちょっと安心(´д`)。



「まちだ子育てネットワーク」では、今後は自分たちでも放射線測定を行う予定です。

そして、町田市に「全小中学校・幼稚園・保育園・公園などの放射線量を“細かく”“継続して”測定し、結果の公表と除染を」と求めていきたいと思っています。

「ここを測りたい」というかた、「私も市に“子どもを守って”といいたい」というかた、ぜひ力を合わせましょう(^_^)b
[PR]
by machida_kosodate | 2011-10-24 20:23 | 子育て環境(原発・放射能) | Comments(0)

青年大集会2011

松村です。

10月23日、子育てネットのメンバーで「全国青年大集会」に参加してきました。

この集会は、今回が7回目。
「震災だからじゃすまされない、人間らしい仕事と生活を」をメインスローガンに、明治公園に集まった若者は…

4800人!
e0242114_1053345.jpg


町田からも、若いママ・パパを含む30人が参加しました。

宇都宮さん(日弁連会長)、湯浅さん(反貧困ネット)、大黒さん(全労連議長)、志位さん(共産党委員長)があいさつ。

韓国やアメリカの労働組合の若手も発言しました。


大震災や原発事故の地元からも参加&発言が。

e0242114_12523330.jpg



SONYの仙台工場が、被災者の首切りをすすめようとしていること、それを運動で防いでいることも紹介され、驚きと怒りが広がりました。中には、子育て中のパパも!

e0242114_17295948.jpg



アメリカのウォール街発で世界にひろがる、貧困と格差にもの申す運動「We are the 99%」の運動との連帯も語られました。

e0242114_17102549.jpg





ここではメインの話題となるはずの分科会「子育てしゃべり場」のことは…のちほど誰かが(汗)。




集会には、ちょっと変な人たちも(笑)参加

頭だけ…虎??
e0242114_13232255.jpg




もしかして…ジブリの??

e0242114_13271216.jpg




いろんな願いが持ち寄られ、とても楽しい集会&パレードになりました。

1人1人は小さいけど、集まれば大きな力になりますね。
[PR]
by machida_kosodate | 2011-10-24 10:07 | イベント | Comments(0)

メグです。

今日は、娘タマキをつれて市立山崎保育園の「ぴよぴよくらぶ」に参加しました~(^_^)v


5ヶ月までの「ゆら~り」

10ヶ月までの「ちびぴよ」

11ヵ月~1歳半の「ぴよぴよくらぶ」

それ以降の「わんたクラブ」

にクラス分け☆


11ヶ月のタマキが参加した「ぴよぴよくらぶ」は、15組くらいの親子が参加。

ハイハイ・つたい歩きの子から、走り回っている子までいて、とてもにぎやかでした。


まずは、園のおもちゃをつかった自由お遊びタイム。

最近、うちのおもちゃに飽き気味のタマキは、

夢中で棚からおもちゃをひっぱりだし、かごのおもちゃを放り出し、大喜びでした。

そして、身長&体重測定。


今回はちょうど、10月生まれのお友達のお誕生日会。

28日生まれのタマキもお祝いをしてもらいました♪

誕生日の歌を歌ってもらって、最後にアンパンマンのバースデイカードをGET!!

誕生会のあとカードに手形を押してもらったんだけど、タマキが抵抗して抵抗して(゜_゜;)

手形だか、足形だかよくわからんモノになりました…。


ママ同士で話をできる場所は、やっぱり楽しいな~

悩みを相談しようって構えなくても、子どもの様子を話して

「それ、わかる~」

「うちはね…」

とか言い合うだけでなんだかスッキリ。

ついでにベテラン(だと思う)保育士さんに夜泣きの相談をしてアドバイスももらいました



地域でこういう取り組みがあると、ホント助かるな~と思いました。


e0242114_2056573.jpg

[PR]
by machida_kosodate | 2011-10-21 20:22 | つぶやき | Comments(0)

松村です。
過去のイベントを紹介します。

2011年7月に行った学習会
「ママ・パパと考える、これからのエネルギー」



「子どもが心配だから原発はイヤ。でも、電気がなくなったら困る」
「自然エネルギーって、”高い””不安定”っていうイメージがある」

などの、ママ・パパたちの疑問から出発した企画。

東京大学大学院生で自然エネルギーの研究をしている今中正輝さんを講師に学びました。



「原発は、使用済み核燃料”の処理や保管、今回の事故対応を考えると、コストが高い」

「日本の自然エネルギーは、日本の原発54基が全力で発電するのと比べて、40倍以上も発電できる条件がある。」

「火山国日本は、マグマをつかった地熱発電の条件は世界第3位」

「太陽光、風力、地熱、小水力、バイオマス、波力、潮力…それぞれの特性を生かして組み合わせれば、安定して安全な電気を安定して供給できる」

今中さんの、わかりやすい資料をしめしながらの話に、目からウロコがおちまくり(@_@)


さらに、
「EUでは、個人が作った電気を電力会社が高く買い取る制度で普及が進み、それが新しい仕事を生みだしている」

「最近まで、日本企業が自然エネルギーの最先端技術をもっていたけれど、政治が原発ばかりに力を注ぐから、ドイツなどに負け始めている」

とのこと。


今中さんは、
「政治の姿勢をかえて、原発に使ってきた税金を自然エネルギーに振り向ければ、爆発的に普及できる」

「原発ゼロと地球温暖化防止は両立できる」とズバリ指摘しました。



参加者からは

「原発はなくせるし、CO2も減らせると、自信がわきました」

「安全性はもちろん、これからの経済発展を考えても、原発はもうダメなんですね」

などの感想が寄せられました。
[PR]
by machida_kosodate | 2011-10-19 18:59 | イベント | Comments(0)

松村です。
過去のイベントを紹介します。

2011年5月に行った
「保育園って、どうなっているの?」


「保育園に入れない」という、ママ・パパの悲鳴にもにた声から出発した企画。

妊婦さん4人、0歳児のママ2人、お孫さんが“待機児”になって困っているババ様など、16人が参加。

池川友一さん(日本共産党町田市議会議員)を講師に町田市の保育事情と、改善の方向性について学び、交流しました。


町田市では、「保育園を増やして」という市民の声と、共産党などの議会での論戦に押されて、年間100人単位で定員を増やしていること。

それでも、不況の影響もあって共働きをしたい家庭がふえているために待機児解消にはいたっていないこと。

「就活」「婚活」と並んで「保活」という言葉ができるほど、深刻な問題になっていること。

本来は親の予定や息抜きでつかえる「一時保育」が、待機児受け入れで満員状態であること。

保育士さん一人あたりの受け持ち人数が増え、幼稚園に通う子もでる3歳以上は空きがあるものの、1歳児・2歳児がとくに厳しいこと。




池川さんは、日常的に取り組んでいる生活相談に寄せられる切実な声にふれながら、町田市の保育事情を話してくれました。

参加者からは

「考えていた以上に大変だとわかった」
「市民の運動で、保育園がふえているのはすごいことだし、希望だと思った」

などの感想が寄せられました。


池川さんは「市民の声で、さらに保育園を増やしていきましょう。国が考える”子育て新システム”で保育の質を下げるのは許せない。私たちも一緒にがんばります。」と表明しました。


池川友一さんのプロフィール
1985年生まれ(26歳)
日本共産党町田市議会議員(1期・文教社会常任委員会)
2010年の町田市議選で”全国最年少”で初当選。
0歳の息子さんをもつパパ
池川友一のつながるブログ


e0242114_1293114.jpg

[PR]
by machida_kosodate | 2011-10-16 11:59 | イベント | Comments(0)

初投稿します。いちです。

10月23日に開催される「全国青年大集会2011」に向けてグッズづくり。

子どもを育てていくうえで、とても気になるのは放射能がどうなっているのか。目に見えない放射能からどうやって子どもを守るのか。

国の暫定規制値があまりにも高すぎることが、この不安を助長させていると思います。がんばって放射能被害から作物を守っている農家のみなさんも、暫定基準値が激甘なことによって被害を受けていると思います。

e0242114_2314540.gif


この基準を限りなく0にしていくことが必要です。

きょうつくったパネルのヒット作は、「0ベクレルのおっぱいを」。

e0242114_23174969.png


全国青年大集会では、子育て分科会で放射能から子どもを守ろうをテーマに企画もあります。

10月23日(日)11時に明治公園で会いましょう!
[PR]
by machida_kosodate | 2011-10-15 23:19 | 子育て環境(原発・放射能) | Comments(1)

松村です。
過去のイベント紹介です。

4月に取り組んだ学習会
「放射能から子どもを守ろう」


原発事故から約1ヶ月後

「原発事故はこれからどうなるの?」
「子どもや胎児を守るには、どうしたらいいの?」

というママ・パパの不安の声から実現した企画。

タイムリーさもあり、用意した資料や席が足りなくなるほどの盛況ぶりで、45人が参加

TV局の車で、取材直後に駆けつけてくれた野口邦和さん(日本大学専任講師)を講師に学び、考えました。


野口さんは、事故の現状や放射能の危険性にふれつつ、政府や東京電力の事故対応を批判。
ヨウ素やセシウムなどの放射性物質の特性や、飲食に関わる注意点を述べながら、「運動で世論を高め、政府や東電の”原発神話””隠蔽体質”を変えよう。原発をなくすために力をあわせましょう」と訴えました。


参加者からは

「やっぱり、原発はなくすしかないと思った」
「外国の極端な報道に怖さばかりが募っていたけれど、根拠をもって”科学的に怖がる”ことが大事だと思った」
「野菜は、よく洗った上で煮汁を吹きこぼすなど、具体的なアドバイスがもらえてうれしかった」

などの感想が出されました。


野口邦和さんのプロフィール
1952年生まれ
日本大学歯学部専任講師(放射線防護学)
著書に『放射能からママと子どもを守る本』(法研)
    『放射能汚染から家族を守る 食べ方の安全マニュアル』(青年新書)
    『原発・放射能図解データ (監修)』(大月書店)
    『震災復興の論点』(新日本出版社)                                         
                                      など多数

e0242114_11354940.jpg

[PR]
by machida_kosodate | 2011-10-15 11:39 | イベント | Comments(0)