木原のぶよしさんからのご回答 町田市長選挙 町田の子育てについての公開質問

町田市長候補、木原のぶよしさんより、町田の子育てについての質問状に回答が寄せられました。

以下、質問内容と回答です。

【質問1】2014年4月から町田市の認可保育園の保育料が値上げになります。そのことについてどのように考えていますか?

【回答】保育料の値上げは中止すべきです。市長が判断すれば、今からでも中止可能です。
市議会の議論でも、この値上げで多摩地域NO.1の保育料になること、経済的に苦しい世帯ほど値上げ率が高いことなどの問題点が明らかになりました。
市が値上げ理由とする「認可外保育施設との平等」というならば、認可外への補助を増やせばよいのです。
私は、国民の平均所得が10年間で約70万円もへり、「経済不安」が少子化の最大の原因になる中、少子化対策に逆行する値上げを中止して保護者負担を軽くすることは、「子育て世代に選ばれる街」として町田市の発展につながると考えています。


【質問2】町田市の市立幼稚園の保護者負担軽減のための補助金を削減することが検討されていますが、賛成ですか?反対ですか?

【回答】私立幼稚園の保護者への補助金カットには反対。
むしろ増額すべきです。
私の政治信条は、「憲法をいかし、赤ちゃんからお年寄りまで笑顔輝く町田へ」です。
教育の機会均等(憲法第26条)を保障できず、家庭の経済事情で子どもたちの未来が狭まるのは見過ごせません。
現市政は、子育て世代をはじめとした市民への負担を増やす一方で、200億円の市役所建設に続き、100億円以上の国際会議場(コンベンションホール)の建設を計画するなど、税金の使い方が逆立ちしています。
現市政が進める大型開発、ハコモノづくりの計画をやめ、財源を作ります。


【質問3】町田市の公立中学校では現在、選択制の弁当給食を実施していますが、完全給食にするお考えはありますか?

【回答】今のデリバリー方式の給食は、不人気のため平均約2割しか利用されていません
公立中学校の給食は、「自校式の完全給食」とし、温かくおいしいものにします。
小学校で、すでに実績がありますが、季節ごとの行事食、栄養士さんや調理員さんとのふれあい、みんなで協力して配膳することの楽しさなど、自校方式の給食によって、子どもたちの生活が豊かになります。
そのような給食を中学校にも広げたいと思います。

[PR]
by machida_kosodate | 2014-02-21 16:40 | お知らせ | Comments(0)