『おもちゃで変わる、こどもとの、かかわりかた』参加してきました

たなかです。
先日、ブログで紹介しました『おもちゃで変わる、こどもとの、かかわりかた。』に参加しました。
おもちゃレンタルにこりさんの持ってきて下さった色々なおもちゃで、自由に遊び、その後、遊んでみての感想を交流しました。

さて、受付で渡されたお手紙には「Today's Misson」なるものが…!

してほしいこと(こどもの遊び方を観察する。できたことを言葉にしてあげる。など)
してほしくないこと(遊び方を教えない。ほめない。など)

(うむー、ほめないっていうのが難しいかも…)と思っている間に、娘はおままごとのコーナーへ一直線。
部屋には、元おもちゃ屋さんの方などサポーターの方が何人かいらっしゃり、男性が苦手な娘は、はじめは警戒していた様子。
しばらくして、積み木で遊んでいると、サポーターの方が自分も積み木をやりつつ、娘のやっていることにも声をかけてくれ、自然に会話をしている姿が見られるようになりました。
同じおもちゃを通してかかわりあうことで、自然と距離が縮まるんだなあ、面白いなあと感じた瞬間でした。

遊びの中では、ほめない、と少し意識することで、普段より子どもが何をしようとしてるのか、よく見て言葉をかけられたかな、と思います。
感想交流でも、ほめる言葉が悪いわけではないのだけれど、こどものやっていることを言葉にしてあげるのが大事、というお話がありました。

写真を撮り損ねてしまいましたが、素敵なおもちゃがたくさんあって、もっと自分でも遊べば良かった!と思いました。


e0242114_16251256.jpg

写真は家の積み木で駐車場と道路を作っているところです。
おもちゃを介して娘の発想が広がっていくの見られるのが面白く、おもちゃって素敵だなぁと感じるこの頃です。
[PR]
Commented by めぐ at 2014-02-14 10:14 x
楽しそう(。-_-。)ほめないってのはどういうことなのかなー。大人が言葉をはさまない方がよいと言うこと?
Commented by あり at 2014-02-14 10:43 x
なるほど!すごく勉強になる~!
ほめる=評価になっちゃうこともあるもんね。
子どもにとって必要なのは“評価”じゃなくて“共感”ということなんだね。
日本人の苦手なとこ(笑)
Commented by machida_kosodate at 2014-02-15 09:08
めぐさん
ほめない、ってちょっとびっくりするよね。
ほめちゃいけないわけではないのだけど、それよりもこどもがやったことややろうとしたことを言葉にしてあげる方を意識して、という話だったかな。
すごい、とか上手だね、とかで終わってしまうより、⚪︎⚪︎作ってるんだねーとか⚪︎⚪︎して面白いねとか子どものやってることや気持ちを代弁するような声かけの方が、広がりがあるんだなぁと思ったよ。

ありさん
なんとわかりやすいまとめ!!
褒めるって対等な立場じゃないところから発せられる部分もあるよね。
共感は苦手分野なのね。
だから意識しないとできないんだなぁ。
by machida_kosodate | 2014-02-10 16:24 | つぶやき | Comments(3)