「秘密保護法案」はやめて…民主主義の国で子育てをしたい!!

あかひげパパです。

国会で「民主主義の破壊」だと大問題になっている特定秘密保護法案

政府は「国と国民の安全のため」「秘密は・防衛・外交・特定有害活動・テロに限る」といいますが…

問題点がいっぱい…

①権力者の都合で、「秘密」の範囲がどんどん拡大!!
・「秘密の内容・範囲」は、防衛大臣、外務大臣、警察庁長官などが自由に決める
・「秘密の指定期間」は30年(維新の会との「修正」で60年に!)
・「第三者機関のチェックを」と求めたみんなの党との「修正」は「首相がチェック役」に(←当事者じゃん!)

②国民には「なにが秘密かも秘密」のまま取締り!!
・公務員、政府から仕事を受ける民間業者が秘密を漏らすと、最高10年の懲役と1千万の罰金
・秘密を持つ人に情報を求めたら5~10年の懲役と五百万の罰金
・悪気なく、「うっかり」(過失)でも処罰
・逮捕され、裁判にかけられる時も、本人も弁護士も「秘密」の内容は知らされない

例えば…

「丘の上から原発の写真を撮ってツイッターでつぶやいた」←逮捕?
「自衛隊の行事で展示されていた装備の写真をとって、解説付きでブログにアップ」←逮捕?
「『原発や放射能汚染の情報を国民に知らせて』と首相官邸前でマイクで訴えた」←逮捕?
「『TPP交渉の内容を公開してほしい』と集会を開いた」←逮捕?

なんてことに…

③報道の自由、国会のチェック機能が崩れ、国民の知る権利が侵される!!

・「秘密」を知ろうと、ジャーナリストが取材をすること自体がは罪に
・国会議員が知った秘密について専門家に意見を聞いたり所属政党で相談しても処罰
 ⇒「国民の代表が行政をチェック」→「行政と官僚が国民と国会を監視」に逆転!!

④家族、親族、友人まで…ガッツリ身元調査!!

・「秘密」を扱う公務員、民間業者の「適性評価」は、本人・配偶者とその親族・子ども・父母・兄弟・同居人にも
・調べる項目は、住所、生年月日、渡航歴、精神疾患、経済状況、信用状況など…(←人権侵害じゃない?)

⑤目的は、アメリカと一緒に海外で戦争できる国づくり!!
・「憲法を変えて国防軍を作る」「アメリカと共に戦争ができる国をつくる」ために、まずは国民の目、耳、口をふさごうってこと
e0242114_23231296.jpg

・実際、戦前に作られた法律(国防保安法)と、今回の秘密保護法はうり二つ
e0242114_23225931.jpg


⑥法案を通そうとするやり方も、民主主義に逆行
・審議を一方的に打ち切って衆議院で強行採決
・福島の地方公聴会(採決前日)で7人の公述人全て(自民推薦含む)が「反対」を表明しても無視


…これじゃ、国内外から、反対の声が殺到するのは当たり前ですね。。


国民からの“パブリックコメント”は、約9万件のうち8割が「反対」
世論調査は、8割が「反対・慎重審議」(10.27共同)

弁護士、マスコミ、作家、学者、映画人、労組、NGO、国連人権委員会など、幅広い人たちが反対表明中!!
e0242114_45411.jpg
しんぶん赤旗

全国紙・地方紙も次々に反対を表明

秘密保護法案 欠陥法案は返品を(11.28朝日・社説)

秘密保護法案衆院通過 民主主義の土台壊すな(11.27毎日・社説)

秘密保護法案の採決強行は許されない (11.27日経・社説)

地方紙は、北海道から沖縄まで!!

ノーを突き付け廃案に(11.27北海道新聞)
法案は白紙に戻すべき(11.27東奥日報)
特定秘密保護法案 国民軽視の強行突破だ(11.27東京新聞)
国民の不安を置き去りにしたまま法案を成立させてはならない(11.27京都新聞)
廃案にして出直したほうがスッキリする(11.27中国新聞)
国民主権脅かす(11.27高知新聞)
改めて廃案求める(11.27西日本新聞)
良識の府で廃案目指せ(11.27琉球新報)


さらに驚いたのは…
自民党の幹事長が、市民の平和的なデモを「テロ」だと決めつけたこと!!(東京新聞)
こういう姿勢が、彼らの本質、秘密保護法の本質を表していますね。。
e0242114_23304062.jpg




子どもたちには、民主主義を教えたい
子どもたちを、民主主義の国で育てたい

子どもを持つ親のほとんどが、共通の思いじゃないでしょうか。

「特定秘密保護法案」は、「修正」じゃなくて「廃案」にしてほしいです。
e0242114_10244962.jpg

[PR]
Commented by machidashinfujin at 2013-12-05 22:02
国民の反対を押し切って法案を通す意味あるのか?余計、支持者が減るのに…
お初の書き込みでした。 byかおり
by machida_kosodate | 2013-12-04 23:33 | 子育て環境(民主主義) | Comments(1)