12.09.30「まずママが幸せに」②(質疑・感想編)

「まずママが幸せに」①】の続き

【質問・回答の一部】
終了後に薗部さんを囲んだランチタイム交流を含め、たくさんの質問が出されました。

Q:日本だとベビーカーがヒンシュクを買うこともある。イギリスやフランスでは?
A:そもそも電車が混んでいない。階段を上がるときは頼まなくても周りが助けてくれる。
  学生時代などにベビーシッターのバイトを経験する人が多く、慣れている。泣き叫んでも大丈夫な雰囲気。
  でかけるときの「ガンバろう」が少なくて済む。

Q:妊娠中の食事は?海外の離乳食は、どんなものをあげるの
A:イギリスとアメリカ人カップルは、「気にしている」と自慢して朝昼晩のビン。バナナ・マッシュポテト…。

Q:日本人は、子育てで思いつめてしまう人が多いけど、なぜ?
A:日本の雑誌などは、脅迫的な情報も多い。「母性」がママの犠牲の上になりたつという雰囲気が強い。

Q:「添い寝」はどうしているの?
A:愛情があっても、親と子どもの寝室は別。ママも休み、両親はラブラブ。
 子ど部屋にはモニタがあり、必要なケアをする。うちも、子ども一人で寝られるようになった。

Q:父親としてできることは?
A:家事・育児を、「自分のもの」としてとらえる。ママの発散のために「一人の時間」を作るのが大事。

Q:産休・育休はどうしている?夫が子育てに関わることができる理由は?
A:フランスには「専業主婦」がほとんどいない。出産は「数か月お休み」なだけで、当然戻ってくる。
夫の「産休」が3週間ある。そもそも、労働のとらえ方がちがう。仕事は誰でも変われるよう、やり取りが書面化され、ドライなビジネス。はじめは「俺は、日本のサラリーマンだ」と言っていても、慣れれば、「これはいい」と。

Q:家族計画はどうしている?
A:日本と違って、出産・育児が「人生の岐路」ではない。預けるところがいっぱいある。子どもの病気で休むことも当たり前。パパが会社に連れて行くことも。金曜日は、午後は帰ってきている人が多い。
バカンスは、スキーに2週、夏に5週、冬1週など、年8週間くらい

Q:日本のいいところは?
A:食事は最高においしい。日本食、中華・イタリアンもある。さすが長寿の国。医療の質、治安もいい。

Q:複数の子どもがほしくても、お金が心配で…
A:フランスは「3人っ子政策」。日本でいうJRなど、お得がいっぱい。旅行は子ども2人より3人のほうが安い。
 教育・医療・学費は全て無料。貯金をする必要がない。おたのしみクーポン券も。

Q:フランスは離婚も多いけど?
A:ラブラブな反面、愛情が覚めると離婚する。ただ、親がどんな状態でも子どもの発達は保障される。未婚のカップル、母子・父子家庭も。 

Q:日本よりも治安が悪いけれど、どうしている?
A:6年生までは、誰かが学校に迎えにいく。ベビーシッターが必要。学生をホームステイさせるかわりに、一部子どもの世話する「オーペアー」も。

Q:「嫁姑問題」は問題になるの?
A:それはどこの国も一緒。ただ、「〇〇であるべき」が少ない分、プレッシャーは少ない。

e0242114_35728100.jpg
             会場の後ろは、“第二保育室”のよう

【寄せられた感想の一部】

・話を聞けて、すごくよかった。楽しい話の最後に褒められて、うれしくてホロリときた。
・ママ友の話を聞いているみたいで面白く、中身に大きな刺激を受けた

・ユルすぎるほどの海外の育児を聞いて、客観的に自分たちを見つめることができた。
・本を一気読みした。パパの働き方が違えば、育児に二人でとりくめて幸せ。うちは夫が忙しくて。

・国の考え方、フォローの体制が違うことにビックリ。環境が変われば、家庭円満になると思う。
・子どもを産んだ女性も安心して働き続けられるような社会がほしい。

・題名の通り、「まずママが幸せに」というのが大事だと実感した。今日の話自体も楽しくてリラックスできた。
・初めての子どもで、「よいことをしてあげたい」とがんばってきたけれど、おおらかにのんびり子育てができたらいいなと思った。

・「がんばりすぎず、ママが幸せな気持ちでいることが大切」という言葉が、すごくうれしくて「ジ~ン」と来ました。少し神経質になっていたかな。少し肩の力をぬいて子育てをしたい。

・海外の文化・育児の違いが、興味深かった。
・笑いありの話で、とっても和みました。これからは適度に手を抜きつつ、育児をしたいと思った。

・だんだん緊張の糸が取れていくみたいで、本当に励まされました。また参加したいです。
・こういう風に、学びながら、ざっくばらんに話せる輪があると、ホントにうれしい。


講師の薗部さん、参加していただいたみなさん、本当にありがとうございました。

e0242114_3563744.jpg
              円形で始まったランチ交流も、最後には〝カオス″に(笑)
[PR]
by machida_kosodate | 2012-10-02 03:42 | イベント | Comments(0)