大飯(おおい)原発の再稼働が狙われる

あかひげパパです。

福井県の大飯原発の再稼働が狙われています。
原子力安全・保安院は17日、大飯原発のストレステスト(耐性試験)について、再稼働を「妥当」としました。


福島第一原発の事故原因も解明されていないままの再稼働への流れに、批判が集中しています。

福井・大飯原発:3、4号機安全評価 「見切り発車」批判続出 福島事故の教訓、反映されず(2012年1月19日 毎日新聞)

ストレステストは、事故を起こしても事実を隠し続ける電力会社が行い、「やらせ問題」を起こした原子力安全・保安院が審査。
そして、三菱重工などの原発メーカーなどから多額のワイロをもらっているメンバーが多い原子力安全委員会が確認します。

e0242114_9525017.jpg



原子力業界が安全委24人に寄付 計8500万円(2012年1月1日 朝日新聞)

こんなメンバーによるテストの結果が、どうして信用できるでしょうか。



原発の利益に群がる勢力は大きく、根は深い。


子どもを守るには、みんなで真実を見極める力を養う必要がありますね。
情報を交換しながら、力を合わせましょう。
[PR]
by machida_kosodate | 2012-01-19 13:48 | 子育て環境(原発・放射能) | Comments(0)