福島県のママたちの母乳検査が実現!!

あかひげパパです。

福島県のママたちの母乳の放射性物質検査が決定しました。
福島県の新生児は、年間約1万8000人。そのうち、母乳をあげるママは約1万人。

1人約5万円の費用は国と県が全額補助。県外避難者も対象にするべく検討中です。

だいぶ遅いとはいえ、「放射能から子どもを守れ」という国民の声が、また行政を動かしました。

福島全県で母乳の放射性物質検査 費用全額を補助(2012年1月13日 毎日新聞)


特に小さな子どもには、少量の内部被ばくも避けたい。
ママ達にとって、自分の母乳に放射性物質が含まれている恐れは、どれほど大きいものでしょう。

これからも、安心できる環境づくりに力を合わせましょう。
e0242114_1111512.png
                                         「ゼロベクレルのおっぱいを」
[PR]
by machida_kosodate | 2012-01-13 11:10 | 子育て環境(原発・放射能) | Comments(0)