文科省が、学校給食の放射性物質の基準値を発表

あかひげパパです。

文部科学省は11月30日付で、学校給食の放射性物質について、「1キロ当たり40ベクレル以下」と、初めて基準値を発表しました。

この基準は、東北・関東甲信越と静岡県が対象となり、自治体による検査に対する国の支援の基準となる見込みです。

また、自治体が検査機器を買うときに、半額を上限に援助する方針も示しました。

放射性物質:給食の目安、東日本17都県に初通知…文科省 (毎日新聞12月1日付)


全国のママ・パパが「子どもたちを守るために、給食に厳しい基準を」求めてきたことが、また一歩前進しました!!


以前も紹介したように、これまでの放射性セシウムの暫定規制値は…

飲料水と牛乳・乳製品が「1キロ当たり200ベクレル」
野菜類、穀類、肉・卵・魚などが「1キロ当たり500ベクレル」

など、世界から見ても異常に甘い基準でしたが、今回、給食に関しては飲料水の5倍厳しい基準になります。


本当は、「子どもに与える食品は、放射性物質ゼロに」といいたいけれど…。


今後、この基準をいかした取り組みが大事です。

・東京都は、十分な量の検査機器と検査体制を用意する
・町田市は、各校の給食を細かく測定して対策を打つ (←今は、測定さえしていません!)
・文科省は、「事前調査」だけでなく、“1食分をミキサーにかけて測定”などの「事後検査」も対象に
・給食以外の、食品・飲料の基準値も厳しく改める

などなど。

3.11以降、ママ・パパの声は、確実に国や自治体を動かしています。
これからも力を合わせて、「原発ゼロ」を求めるとともに、「放射能から子どもを守ろう」の声を広げましょう。
[PR]
by machida_kosodate | 2011-12-01 14:06 | 子育て環境(原発・放射能) | Comments(0)