「放射能汚染が疑われる災害廃棄物」が、町田に!?

松村です。

町田で、子どもを放射能から守る活動をされている「こどもと未来をつなぐ会・町田」の方々からの情報です。


私たち「まちだ子育てネットワーク」も、微力ながら協力させていただいている
町田市の放射能汚染が疑われる災害廃棄物の受け入れ見直しを求める署名」。

11月24日、なんと4929筆を、町田市に届けられたそうです!!


対応鷲北副市長は、町田市として都が進める瓦礫処理に関して、「今の段階では白紙」と説明。「住民の説明会をやるまでは進めない」と話したそうです。


それに先立ってかち佳代子都議を仲立ちに、22日に行われた東京都環境局との面談。

対応した今井課長は…

11月21日
東京都が宮城県女川を視察
11月24日
「宮城・東京都・環境整備公社の3者で、受け入れ協定を結ぶことになった」と記者会見
その後、26市と23区に東京都から受け入れ要請

という流れで、災害廃棄物が東京都に持ち込まれる予定であること。
そして、11日の記者会見までは”しばり”がかかっていて、資料は渡せないと答えたとのことです。


なんたる隠ぺい体質!!

コソコソとやるから余計に心配になるんだと思います。
もし本当に安全ならば、しっかり調べたうえで、堂々と情報を公開すればいいのに。


「子どもと未来をつなぐ会」のお母さんたちも、
「被災地のためになにもしないというわけじゃない。綿密に調べて、安全性をしっかり確保してほしい」
「放射能を拡散することになってはいけない」
と強調していました。

署名の第二次締め切りは、12月14日です。

みなさま、ご協力をお願いします。

町田市の放射能汚染が疑われる災害廃棄物の受け入れ見直しを求める署名」。
[PR]
Commented by kawori at 2013-05-01 22:31 x
結局、災害廃棄物の騒ぎって今更ながら何だったんだろう〜と思います。振り返ってみても、測定結果に変化もなかったですし・・・

主要な食品は100ベクレル以下で世の中を流通していることも考えると「廃棄物」という言葉に先入観がありすぎたな〜と、反省してます。

わたし自身も日々、廃棄物を出しているんですよね、反省。
あと、流布する情報を精査して、考えていくことが大切なんだと
、今回のことで学びました。
by machida_kosodate | 2011-11-25 01:09 | 子育て環境(原発・放射能) | Comments(1)