10月10日、放射線測定(山崎町)

10月10日
山崎町で放射線測定を行いました。


チラシを見て参加してくれたお母さん、「放射線測定中」のノボリをみて飛び込みで参加してくれたお母さんなど、大人6人、子ども5人でワイワイはかりました。


公園の砂場や滑り台の下、神社の落ち葉、個人宅の雨どいや家庭菜園などを測定。

やはり、雨どいの下の土や草、植え込みから水が集まる排水溝などの線量が、比
較的高いことがわかりました。


なにもない路上の数値は0.04μSv/h程度だった反面、ピンポイントで0.3μSv/hを
超える“ミニホットスポット”も発見(@_@)!!


近々、市にかけあいながら除染をすすめ、報告もしたいと思います。


町田市のように、学校の校庭の真ん中を測って「全校調査」と言っているだけでは、子どもの安全を守れないことが明らかになりました。


途中、複数の近所の方から

「チラシを見ました。測ってくれてありがとう」
「測定結果を見せてもらえませんか?」

などの声もかかりました。


参加者からは…

「自分で線量計を買おうかと思っていたから、はかれてよかった」
「子どもが毎日遊ぶ公園が心配だった。しばらくたってからまた結果がみたい」
「実際に数字を見れば対策を立てられるし、安心できる。うちの近くもはかりたい」

などの声が寄せられました。


取り組みのなかで、「原発撤退署名」や、「放射能汚染が疑われる災害廃棄物受け入れ見直し署名」(「子どもと未来をつなぐ会」さんの署名)が集まりました。


※測定場所に個人宅が含まれているため、公表の範囲が決まり次第、測定結果を追加でアップします。

e0242114_0404768.jpg

[PR]
by machida_kosodate | 2011-11-13 00:41 | 子育て環境(原発・放射能) | Comments(0)