「さようなら原発・町田の会」結成のつどいに200人!!

松村です。
11月11日(金)に行われた

「さようなら原発・町田の会」結成のつどい


大学教授、労働組合、政党、市民団体…そして私たちのような子育て中の人たちなど、「原発をなくそう」という一致点で、幅広い個人や団体があつまって結成されました。

キャパ108人の会場に集まったのは200人!!

e0242114_1941859.jpg


まさに超満員。立ち見でも会場に入りきれず、廊下にゴザを引いて座る人たちも。

e0242114_19422727.jpg



メイン講演は、渡辺治さん(一橋大学名誉教授)

「原発依存からの脱却と野田政権」と題して、講演してくれました。

原発がアメリカいいなりの形で導入され、電力会社・原発メーカー・ゼネコンなどが、その利益に群がったこと。

歴代政府がそれらの勢力とつるんで、地方の産業をすたれさせたうえで、「交付金」という札束をちらつかせて原発を押し付けてきたこと。

放射能の被害を告発し、一つ一つの原発を止める運動をすすめながらも、根本的には、「政治をかえて原発をなくすことが必要」であること。

なにものも恐れない明快な語り口で、原発をなくすための道筋を示してくれました。



「会」の代表として頑張ってくれているまちださがみ総合法律事務所の弁護士さんや…

e0242114_1953134.jpg



町田の各地で放射線測定をして、対策を求めてくれている共産党の市議会議員さん…

e0242114_18392416.jpg



壊れた原発の模型を持参してくれた和光中学校の先生など…

e0242114_200356.jpg



様々な人が発言する中、私たち「まちだ子育てネットワーク」のメンバーも発言しました!!

e0242114_2072726.jpg

胸には子ども、手には「ゼロベクレルのおっぱいを」のパネルが(^_^)v。


子育て中の方では、「子どもと未来をつなぐ会」のお母さんたちが、「放射能から子どもを守ろう」「放射能汚染が疑われる災害廃棄物受け入れは見直しを。安全の確認を」と発言。

e0242114_2035616.jpg



こんなにいろんなメンバーが力を合わせられるのはホントに力強いし、素敵なことですね(*^_^*)。
[PR]
by machida_kosodate | 2011-11-13 00:51 | イベント | Comments(0)